老化だけじゃない!シワを作る原因とは?

目もとや口もとにシワができると、「歳のせいかな…?」と考える人も多いでしょう。 しかし、シワの原因は肌の老化だけではありません。 実は太陽光に含まれる紫外線や空気の乾燥も、シワの原因になるのです。
今回は紫外線や乾燥が原因のシワについて、その対策をご紹介します。

シワができる原因って?

一番の原因は「紫外線」

シワができる最も大きな外的要因として、「紫外線」があります。紫外線を浴び続けると「日焼け」するだけではなく、「光老化(ひかりろうか)」という肌の老化を引き起こします。顔などの常に露出している皮膚は「光老化」に侵されやすく、シワも目立ってくるのです。

健康な肌はコラーゲンの束が真皮(しんぴ)の支柱役を担い、その間をエラスチンがバネのように通ることで、肌を支えています。しかし、紫外線が当たるとコラーゲンは切断され、エラスチンも変性します。そのため皮膚が弾力を失い、たるんでシワとなってしまいます。

長時間紫外線を浴び続けても、子供の頃は新しいコラーゲンやエラスチンを作る力があるため、すぐに新しい繊維ができますが、年齢を重ねると繊維を作る力が徐々におとろえ、傷ついた繊維が残ってシワになります。

小ジワの原因は「乾燥」

シワの原因となる、もう一つの大きな原因が「乾燥」です。

空気が乾燥すると、肌の表面にある角質層が乾いてはがれ、隙間ができます。この隙間から水分が蒸発すると、皮膚が硬くなり小ジワになるのです。

角質層には、水分の蒸発や有害物質の侵入を妨げる機能があるため、健康な皮膚なら乾燥しません。しかし20歳を過ぎると、角質細胞の保湿に役立つアミノ酸や、角質細胞をつなぐ細胞間脂質が減り、肌が乾燥しがちになります。

紫外線や乾燥から肌を守るには?

先ほどのシワとなる原因をふまえて、具体的なシワ対策をご紹介します。

日焼け止め(サンスクリーン剤)を使う

紫外線から肌を守るためには、UV-A、UV-Bがカットできる日焼け止めを使いましょう。 UV-Aを防ぐ効果はPA、UV-Bを防ぐ効果はSPFという数値で表示されています。 動いていると汗で日焼け止めが流れてしまうため、普段から少し厚めに塗ったり、こまめに塗り直す事で効果が持続します。

保湿効果の高いスキンケアを使う

肌を紫外線や乾燥から守るためにも、日頃から保湿効果の高いスキンケア用品でケアしましょう。 最近は、酸化防止成分が入っているものや、コラーゲンやエラスチンなどの再生を促す効果があるものも市販されているため、そちらもおすすめです。

どうしても治らない深いシワについては、皮膚科でのメスを使わない治療、形成外科での外科的手術など、医療機関を利用する方法もあります。

ページの先頭へ