肌には皮脂も必要

ニキビくらいで医者に行くなんて、と思う必要はありません。ニキビはうっかりすると重症化しやすいです。そして症状の軽いうちに治療したほうがニキビの治りも早いです。

一人で悩むよりも、医師の意見も聞いてニキビの原因をつきとめるようにしたほうがその後のニキビ対策もスムーズになると思います。巷ではニキビに関する情報が溢れていますが、ニキビの原因も改善方法も一人一人違ってきますので、誰かに効いたから自分もと安易に飛びつくのは危険です。

ニキビは、過剰な皮脂が毛穴が詰まることから始まります。皮脂の詰まった毛穴は細菌が発生しやすく炎症を起こします。

しかし、どうして、皮脂の分泌が増えるのかということは、千差万別です。睡眠不足かもしれませんし、食事のバランスが悪いのかもしれません。あるいは、洗顔方法が合っていないのかもしれません。女性の場合、生理前にニキビができやすいということもあります。

ニキビができてしまったら、とにかく触らないことです。 鏡を見るとつい気になってしまいますが、手を洗ったばかりでなければ爪や指は細菌がいっぱいです。ニキビに触れば細菌に栄養を与えるようなものです。

肌を清潔に保つことは大切ですが、ニキビを早く治したいからといって、一日に何度も石鹸や洗顔料を使って顔を洗いすぎないようにしてください。

皮脂が毛穴に詰まることでニキビはできますが、肌に必要な皮脂もあります。もしかすると洗顔のしすぎで肌が乾燥を恐れて皮脂を過剰に分泌しているのかもしれません。その判断を個人でするのは難しいでしょう。だからこそ専門の医師に早めに相談して欲しいと思います。

方法としては正しくても、自分の肌にとっては間違ったスキンケアになってしまうこともあります。 どうかニキビを治すためにストレスを溜めないでください。

ページの先頭へ