女性ホルモンと敏感肌の関係

女性の多くが「生理中は敏感肌になりやすい」と感じているようです。 顔のお肌だけではなく、カラーリングやパーマの液にかぶれたり、整理ナプキンにかぶれて痒くなったり、 ニキビが出やすくなったり…。

このように生理の前に肌が荒れやすくなったり、ニキビが出来たり、皮膚が過敏になるのは、ズバリ女性ホルモンの影響です。 "美肌ホルモン"とも言うべきエストロゲンの分泌量が、生理中は低下するので、皮脂分泌や肌のバリア機能も一緒に低下してしまいます。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあり、 2つのホルモンが増えたり減ったりを繰り返しながら生理の周期が作られているのはご存知ですね?

エストロゲンは年齢とともに減少して行き、大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲンと同じような働きをすることが分かっています。 でもむやみに摂取し過ぎるのは良くありません。 ストレスフリーな生活を心掛けて、自分の女性ホルモンの分泌を促す方が大切です。

生理中の敏感肌は自然現象なので、ある程度仕方の無いことですから、生理中はパーマやカラーリングを控えたり、 ナプキンはこまめに換えて通気性を良くするなどの対処をして乗り切りましょう。

生理前にナッツ類やチョコレートをあまり食べないようにするなど、食生活の工夫でニキビも出来難くなります。

そして、デリケートゾーンはもともと皮膚が薄くかぶれやすい場所なので、清潔に保つことが大切です。 痒みが出てしまったらきちんとスキンケアして酷くしないように。

女性は更年期になる頃には、ホルモンバランスが崩れて敏感肌になりやすくなります。 女性ホルモンと上手く付き合うことが、女性の生涯のテーマかも知れません。

ページの先頭へ